「お見合い型」の「結婚相談所」に対抗して…。

「お見合い型」の「結婚相談所」に対抗して、ここに来て注目を集めているのが、サービスを利用している人の中から自分の好きなように相手を探せる、ネットを駆使した「結婚情報サービス」で、国内に相当な数が存在します。古くは明治時代から存在していた結婚相談所とメディアでも話題の結婚情報サービスは、どちらも同じことをやっている印象を受けますが、2つのサービスはまったく異なるので注意が必要です。

2009年以降婚活が普及し始め、2013年に入ると“恋活”というキーワードをたくさん聞くようになりましたが、あらためて尋ねられると「両者の違いが理解できない」と言うような人も少なくないようです。恋活をやっている人達の大半が「結婚で結ばれるのはヘビーだけど、彼氏・彼女として相性のいい人と一緒に過ごしていきたい」と思っているようなのです。

今話題のコンテンツとして、相当紹介されている街コンは、みるみるうちに国内全域に拡大し、地元応援のイベントとしても定番になりつつあるのがわかります。婚活パーティーの趣旨は、規定時間内に未来の配偶者候補を絞り込むところにありますので、「より多くの恋人候補と対話するための場所」だとして開かれている企画が目立ちます。街コンの中には、「同性2名以上、偶数人数でのご参加をお願いします」とルール決めされていることが結構あります。そういった企画は、一緒に参加してくれる人がいないとエントリーできない仕組みになっています。

ついこの前までは、「結婚をリアルに考えるなんて先の話」と思っていたのに、親友の結婚式を間近に見て「もう結婚したい」と考えるようになる人は実はかなり存在します。また、生まれ持った気持ちは短期間では変化させることはできませんが、わずかでも「再婚で夫婦生活を取り戻したい」という気持ちがあるならば、まずは誰かと知り合うことに集中してみましょう。百人百用の理由や心積もりがあることは想像に難くありませんが、たくさんの離婚した男女が「そろそろ再婚したいけど現実は厳しい」、「新たな出会いを期待できる取っ掛かりがなかなかない」などと苦悩しています。

直に対面するお見合いの席などでは、どうにも不安になってしまいますが、婚活アプリならメールを活用したお話から開始するので、気楽に応対することができます。婚活アプリのほとんどは基本的な利用料は設定されておらず、たとえ有料でもだいたい数千円で気安く婚活できるのが魅力で、あらゆる面でコスパに優れていると言ってよいでしょう。婚活アプリの良い点は、何よりもまずいつどこにいても婚活できてパートナーを探せる点でしょう。必要とされるのはネットサービスを使用できる環境と、スマホやパソコンなどのデジタルツールのみという手軽さです。婚活のスタートとして、まずは婚活アプリから初めて見るのもいいでしょう。